経理・人事・法務の転職

経理の転職情報

雇用形態を知る

正社員

正社員とは、常時雇用の従業員のことを指し、期限が決まっていない雇用契約を会社と結ぶことである。
年功序列や終身雇用が崩壊しているので、アルバイトに正社員と同じ業務をさせる会社もある。
正社員は賞与・退職金が労働条件としてきちんと規定されている雇用形態で、安定性の面で保障されている。
そして原則的に、定年まで勤務できる。
また、社内において高い地位にまでたどり着ける可能性があり、魅力的な雇用形態ともいえる。
逆に正社員であるがゆえのデメリットもある。
仕事優先となることも多く、自分の生活が縛られてしまうこともままある。
自分の将来や生活環境などを考慮し、自分にとって一番働きやすい雇用形態を選ぶことが大事だろう。

派遣社員

近年、仕事とプライベートの時間がはっきりできるので派遣社員の形態を選ぶ人が増加傾向にある。
派遣社員とは、人材派遣会社に登録し、採用試験を受け、雇用されることになると、派遣会社が派遣する企業の業務を行なうという雇用形態。
派遣先の業務をこなすが、あくまで派遣社員の雇用主は人材派遣会社となる。
その給与は派遣会社から支給されることになる。
通常の人件費を、ある程度自由に変動できるという利点があるので、派遣社員を積極的に利用する企業が増えている。
しかし派遣社員側にとっては、契約が終わるとまた新しい派遣先を探すことになるので、雇用が安定しないというデメリットもある。

派遣社員を対象とした派遣健保という健康保険組合も存在する。 また、雇用主である派遣会社と、現場の指揮命令者が異なることによって起こるトラブルも多く報告されている。

契約社員

契約社員とは、期間を決めて契約する社員のことを指す。
半年、または1年間を雇用する契約をしているのが一般的のようだ。
契約の期間・給与・勤務などの諸条件について、個人と企業との間で直接取り決めることになる。
企業によって契約社員としての立場が違っているので、事前にOB・OG訪問などで詳細をチェックしておくといいだろう。
また、社員登録の前段階として、契約社員という雇用形態で採用する企業もあるようなので上手に活用していこう。

業務委託

業務委託とは、代理店企業との直接の雇用契約がない雇用形態のことを指している。
独立事業者として業務を請け負うという形をとり、例えば保険会社の外交員やフランチャイズのオーナーなどが挙げられる。

そのために雇用者を保護する法律である労働基準法や最低賃金法の適用外となっているので注意しておきたい。