経理・人事・法務の転職

経理の転職情報

添付状を書く

添え状とは?

送付状(添え状)とはカバーレターとも呼ばれている。
履歴書・職務経歴書などを送付する際に、添付するあいさつ状のような意味合いがある。
送付状は採用の合否に直接左右するものではない。
とは言え、添え状をきちんと添付した方がより丁寧な印象を与える。
ビジネスマナーにおいてもきちんとしたものを作成して添付する事が大切となるのである。
乱雑な送付状だと、かえって悪印象を与えてしまうので注意して作成しよう。

送付状の書き方

カバーレターの基本的な書き方をみていこう。
用紙はB5でもA4、どちらでも構わないが、履歴書・職務経歴書とそろえたほうがきれいだろう。
また送付状はビジネス文書でもあるので、基本は横書きとなる。

手書きかワープロか

手書きとワープロ、それぞれに長所はあるが、基本的には読みやすく作成することが大切。
またワープロで作成する場合には、職務経歴書と同様に、名前だけは手書きにしよう。

書き出しと結び

文頭・文末に用いる挨拶はきちんとしておきたい。
例をあげておくので参考にしよう。
【文頭】拝啓 貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
【文末】まずは取り急ぎご依頼申し上げます。

送付状のポイント

簡潔にまとめる

履歴書や職務経歴書に比較して、カバーレターはビジネス文書の意味合いが強い。
とにかく簡潔に、「何を連絡する文書なのか」をわかりやすく伝えるように書いていこう。

書き出し

募集をどこで知ったのかを忘れずに書いておこう。
「○月×日の〜をを拝見させて頂き、応募させて頂きました」等の書き方が無難。

自己紹介・自己PR

採用担当者が、添付している履歴書・職務経歴書に興味を持つように記述することが大切となる。
自分の人間性、どんな経験を持っているかなどアピールしよう。

志望動機、将来の希望、ビジョン

志望動機に関しては、履歴書・職務経歴書を作成する時に考えていたことなど、重要な部分を簡潔にまとめて書こう。

結び

是非一度お時間を頂き、面接にお邪魔したいという点を記述しておこう。 最後は「よろしくお願い致します」という挨拶でしめるようにすること。