経理・人事・法務の転職

経理の転職情報

入社と退社

内定通知

選考試験を通過し、採用決定・内定通知を頂いたらなるべく早くに返答をする。返答をせずにおくと、辞退したものと思われてしまう事もある。メールでもかまわないが、見落とされるかもしれない。採用担当者に電話し、直接入社する旨を伝えるのが一番確実な方法だ。

退社準備

内定に返答をし、転職先が決まったら、在職中であれば退職しなければ転職はできない。

退職の手順

  • 1. 直属の上司に退職の意思を伝える
  • 2. 退職日の決定
  • 3. 退職届の提出
  • 4. 引き継ぎ、残務処理
  • 5. 退社

退職意思の明示

退職の意思はまずは直属の上司に伝える。相談の形で切り出し、退職したいことを伝える。引きとめられる事もあるだろうが、意思は決まっていることを伝える。

顧客への連絡

顧客や取引先には自分から伝える必要はない。
後任や引継ぎの予定が決まらないうちに退職することだけを伝えたのでは、取引先は混乱する。取引先への連絡は会社が行うもの。退職日が決まり引継ぎの予定が立つまでは、今まで通り業務をこなすようにしよう。

退職日の決定

業務の引継ぎ、残務処理などに無理がないよう予定を立てて調整する。
退職日と転職先への入社日は、社内事情を考えて退職日を決定することが円満退社へとつながる。

退職届の提出

退職理由・退職日を明記し、宛名は代表取締役社長とするが上司に提出する。

引継ぎ

どの業務を誰にいつまでに引き継ぐのか、いつまでに何を用意すればいいのか、余裕を持ったスケジュールを立てる。退職日の3日前までに終わらせるようにすると、予定外のことにも対応でき確実な引継ぎとなるだろう。

  • ・業務ごとにファイル、ファイルの保存先をまとめる
  • ・書類はファイルに残し、どこに何があるかをわかるようにする
  • ・取引先には後任と共に挨拶に出向く

会社に返却するもの

  • ・健康保険被保険者証
  • ・社員証明証・名刺
  • ・定期券
  • ・書類・資料・データ
  • ・経費で購入したもの

会社から受け取るもの

  • ・雇用保険被保険者証
  • ・離職票
  • ・年金手帳
  • ・源泉徴収票