経理・人事・法務の転職

経理の転職情報

面接を受ける

書類選考を通ると、1次選考となる。
ここでは、面接だけ行う企業と同時に筆記試験を行う企業がある。
当然、面接のほうが重視され、筆記試験はそれを補足するものだが、選考の要素となることには違いはない。可能な限り対策を施したい。
「筆記試験あり」とだけの連絡で、内容に関しての具体的な記載がない場合は、どんな試験をどんな形式で行うか問い合わせてもかまわない。

筆記試験

・知識試験
採用する人材が持っていて欲しい知識の試験。
経験をつんだ職種でも、いざ問われるとわからないことが多い。自信があっても知識を整理しておいた方がよいだろう。
・一般常識試験
急な対策の仕様がない試験だが、時事問題が出ることも多く、応募した業界内でのニュースを確認しておいたほうが良い。
・適正試験
職場適正、学習力、判断力など人間的な基礎能力を試される。
就職試験問題集の文章理解問題・数的推理問題などを解くのが対策になるだろう。
・作文試験
表現力や論理性、思考性といった事を試される試験。
誤字や脱字があっては内容以前となってしまう。
課題は当日言われることが多いが、業種や職種に関係したことについてとなるのがほとんど。自分の経験に結び付けると書きやすい。

面接

選考過程の中で面接は最重要ポイントである。
経歴が素晴らしく、提出した書類が良いものでも面接の印象によっては不採用となることもある。

面接時の服装

最も大事なのは清潔感であり、服装にこだわらない業種・職場でもスーツを着用する。応募者のレベルが似通っている場合は印象で決められる。

チェックすべきポイント

  • ・シャツにしわがよっていないか
  • ・靴が汚れていないか
  • ・ひげやつめは伸びていないか
  • ・髪型はさっぱりしているか
  • ・派手な印象ではないか
  • ・ネクタイは曲がっていないか

相手に良い印象を与えるように心がける。

面接時のマナー

質問に答えれば言い訳ではなく、入室から退室まで行動をチェックされている。中途採用の場合は、基本的なビジネスマナーが身についていないと悪い印象を与えるかもしれない。

  • ・入退室の挨拶
  • ・質問には簡潔に回答
  • ・ハッキリした口調
  • ・背筋は伸ばす
  • ・視線は面接官へ向ける
  • ・正しい敬語を使う

面接で必ずされる質問

よく質問されることには答えを準備し、余計な緊張をしないようにして面接を受けたい。

・『これまで職歴について話してください』
今までの業務経験と、それにより得た知識や受けた評価を答える。
必ず質問されることなので、話しやすくまとめておく。
・『当社を志望された理由はなんですか?』
何故その会社・職種を選んだのかを具体的に話す。しっかりと企業研究をして、給与などではなく、仕事内容について結びつけるようにするとよい。
転職・退職理由と矛盾しないように答える。
・『転職(退職)された理由をお聞かせ下さい。』
キャリアアップしたいという前向きな理由のほうが良い。
職場への不満だけ述べたのでは、協調性を疑われる。後ろ向きな理由のときは、自分がその改善にどのような努力をしたのかを話す。
・『自己PRをして下さい。』
管理部門の場合、専門性が薄くなり、なかなか他人とは違う自己PRはしにくい。具体的な業務の内容を細かく挙げて、自分の能力のアピールにつなげる。業務上で役に立つ資格があればそれを交えると大きなアピールとなるだろう。
・『以上で面接は終了とさせていただきますが、何か質問はありますか?』
面接の最後には必ずこちら質問を求められる。
「特にありません」では、意欲を疑われるケースもある。あらかじめ質問を用意してから向かうのがよい。的確な質問は意欲が高いことへの評価となるかもしれない。
面接官から言われなければ、「伺ってもよろしいでしょうか?」と切り出しても良いくらいだ。

例)
中途採用の方はどれくらいいらっしゃいますか?
○○の資格は応募した業務で生かせますか?
面接の後、職場を見学させていただいてよろしいでしょうか?