経理・人事・法務の転職

経理の転職情報

職歴書を書く

職務経歴書は、今までにどのような業務経験を持ち、どんな知識があって、何ができるのかを採用担当者に伝えるものです。履歴書の職歴欄には書ききれない情報を書き、自分の能力が明確に伝わるように書くこと。

職務経歴書用紙

書式は自由。とは、長くては読みにくく、短すぎては何も伝わらない。A4用紙1〜2枚でまとめること。市販の用紙に手書きでもかまわないが、パソコンで作成した方がまとめやすく、分かりやすく書ける。

何を書くか?

今までの勤務した会社の所属部署と職位、行った業務とその期間、学んだ知識、どのような評価を受けたかを記述する。
なにをアピールすべきかが大切。経理など事務職の場合はPCのスキルは必須項目だし、自分の専門分野があればそれを書くべきだろう。

  • 1. 作成(提出)日と氏名
  • 2. 志望職種
  • 3. 経歴の概略
  • 4. 勤務先・所属・職位
  • 5. 職種・担当業務
  • 6. 専門知識・技術・資格
  • 7. 評価・報奨
  • 8. 自己PR

基本的な書き方

自由な書式とはいえ、読みやすさを第一に考える。
どれだけ内容が充実していても、読みにくいものではその内容が伝わらない。
代表的な書式は

・編年式
時系列で記載する最も一般的な書式。
・キャリア式
分野ごとに経歴を記載。
特定の業務をクローズアップしたい場合や、異なる分野・職種で経験を積んだ人向け。

それぞれの項目に見出しをつけ、文字のサイズを変更するなどメリハリを付けると見やすい職務経歴書となる。


履歴書・職務経歴書の双方をもう一度よく確認し、郵送の場合は添え状を付け、送付・提出する。添え状は応募書類を同封した旨を伝えるもので、志望動機などを長々と書くのは好ましくない。