経理・人事・法務の転職

経理の転職情報

履歴書の書く

今までどんな素晴らしい経歴を積み「自分は経理のスペシャリスト」という自信があっても、提出する書類でそれが伝わらなければ、書類選考で落とされてしまう。
企業に提出する書類は履歴書と職務経歴書の2つがある。転職の場合は職務経歴書の方を重視するという担当者もいるが、それは例外的。履歴書・職歴書ともに隙のないものに仕上げて提出したい。

まずは履歴書の書き方を考える。

用紙は市販のものでかまわない。書式は色々とあるので、自分に合うものを選ぶこと。
履歴書を書く上でのマナーは

  • ・正確に丁寧に、
  • ・事実を書いて、
  • ・空欄をなくし、
  • ・自分をアピールする

ことが履歴書を書く上で大切だ。
ウソの学歴や職歴を書くことは許されない。

履歴書の各項目について

写真

写真の印象は非常に強い。どの業種でも共通していることは、清潔感・健康的・誠実な印象を大事する。写真館など人の手による撮影の方が写りはよく印象の良い写真が撮れる。

学歴

転職者・中途採用者の場合、学歴はほとんど重視されないこともある。しかし、少しでも自己アピールの根拠となる経験があれば書くべきだ。未経験の職種への転職を考えている場合は、その職種に少しでも役立つ経験があればアピールポイントになる。
学歴で特にアピールすることがない場合は、最終学歴のみを記入する形式になっている転職者用の用紙をしようしても良い。

職歴

どの業務について、どのくらい経験・知識があるかを記述する。会社名の羅列だけではなく、今までの経験をわかりやすく書く。担当業務を整理し、箇条書きにすると理解しやすい職歴欄となる。

免許・資格

業務とは直接関係ないものでも評価されることがあるので、もれなく書くようにする。応募した業務に役立つ資格ならば、勉強中のものでも意欲のアピールになる。退職により抹消となった社内資格でも知識の目安となるので記入すべきだろう。勉強中の資格や、社内資格などは「その他特記すべき事項」の欄に「本年〇月の○○を受験、現在結果待ち」「○○取得講座に受講」などと書くようにする。

希望条件・特技

中途採用・キャリア採用には同じような経歴を持つ人が応募する。応募者が意欲・姿勢などの人間的な部分を最も見られる。空欄は作らず、関心のあることなどで、何故その企業・職種を選んだのかへ結び付けるように書くようにする。

志望動機

志望動機欄は職歴と並んで重要である。自分の言葉で表現しなければ、書類選考で落とされてしまう。具体的に応募したのかを書く。

避ける表現

  • ・「ヤル気は負けない」
  • ・「事業に興味がある」
  • ・「いろいろな事を学びたい」

書くべきポイント

  • ・経験者の場合は、キャリアアップしたいという意思を明確にする
  • ・自分の売りにマッチした切り口で書く
  • ・応募先の特性を理解して書く
  • ・未経験の場合は、意欲を裏付けるエピソードを交える
  • ・何故その企業・職種なのか明確に書く