経理・人事・法務の転職

経理の転職情報

転職の前に

転職の目的

実際に転職活動を始める前に、何故転職を考えたのか、じっくりと考えてみるべきだ。

  • ・給与に対する不満
  • ・仕事内容に対する不満
  • ・キャリアアップ
  • ・会社の将来が不安
  • ・他の職種に興味がある
  • ・他の業界で働きたい

理由は色々あるだろうし、1つの事で特定は出来ないかもしれない。
経理など管理部門では、人間関係などのネガティブなものが多いかもしれないが、転職を動機は前向きなものにしたい。「給与が不満だから転職したい」と考えるよりは、「給与をアップさせたいから転職」と考えるほうが前向きだろう。同じようにも思えるが、後ろ向きか前向きかでは転職活動の結果もだいぶ変わってくる。

転職情報の集め方

経理職の求人は雑誌・新聞や転職サイトなど公開された求人情報と、人材紹介会社などに依頼される非公開の求人との両方で探すことが出来る。
成功する転職には必要なのは情報量だと考えると、時間の許す限り多くの媒体を見てみるのが良いだろう。
転職の経験がある場合は経験を踏まえて、情報を収集しよう。

転職サイト

最近は転職情報を集め、掲載している転職サイトを使い、転職先を探すことが増えているようだ。転職サイトには求人情報など転職に関する情報を掲載され、その中から自分の希望に見合う企業を検索、閲覧、応募できる。企業の経営者や人事からのメッセージ、詳しい会社情報が掲載されていたり、会社のWEBサイトへのリンクがあったりするので、会社研究に有効な手段となる。時間に関係なく情報を具体的な情報を収集できる点もメリット。それぞれのサイトで得意な分野・業種があるので、その違いをよく理解して情報を集める。求人雑誌がそのままWEBサイトになったようなところと、人材紹介会社のサイトでは掲載している情報が変わってくるので違いをよく理解すること。

人材紹介会社

人材紹介会社に登録すると、アドバイザーとの面談を経て自分の経験・希望に合った求人情報を提供してくれる。人材紹介会社の求人情報は公開されていないものが多い。
人材紹介会社を使うことによる最も大きいメリットの1つは、アドバイザーが転職についてアドバイスをくれること、転職先での待遇までを交渉してくれることである。入社後のミスマッチを可能な限りなくすことが出来る。初めての転職で、多少ならず不安な気持ちを抱えた人には安心できる点が多い。

適職の探し方・企業の選び方

転職活動のはじめに考えた転職の目的を思い出してみよう。
何故自分が転職をするのか?を考え、情報を集めて応募企業・応募職種を決めることが大切だ。現在の職場へ不満があって転職活動を始めたのであれば、その不満が解消される企業を選ばねばならないし、経験を生かしてより専門的な職でのキャリアアップを考えたのであればホントにそれが実現可能かを考えなければならない。
動機が満たせない転職ではまたすぐに転職したいと思ってしまうだろう。動機をよく考え、妥協点を決めて会社を選ぶようにする。